7月8日(月)

みなさんこんにちは、品質管理部です。

土用の丑の日も近くなってまいりました。

みなさんは土用の丑の日にうなぎと一緒に、しじみを食べる習慣をご存じですか?

恥ずかしながら、私は会社に入社するまで知りませんでした。

しじみは6月から9月にかけて産卵を行います。

産卵前のしじみは身が太り、ぷりぷりとした食感を楽しむことができます。

9月以降に気温が下がり、冬になるとしじみは砂の中に潜ります。その際に栄養を蓄える為、調理した際に濃厚なだしがでます。

夏季も冬季もどちらにも魅力のあるしじみですが、宍道湖では季節における禁漁期間がない為、通年水揚げがございます。

※資源保護の為、1日の採捕量や水揚げ日の規定は漁協により定められております。

また、弊社ではしじみを丁寧に選別した後冷凍処理を行い、通年取り扱いを行っております。

産地工場だからこそできる新鮮なしじみの仕入れとこだわり抜いた砂抜き技術、徹底した品質管理を行い皆様へ安心しておいしくお召し上がりいただける商品づくりに精進しております。

気温も上がり、体力も低下しやすい時期となりますので、みなさまも健康に十分注意いただき、ご機会御座いましたら是非一度、弊社商品をご利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です